欲窮千里目 更上一層樓
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀杏・続き&俳句
2009年12月01日 (火) | 編集 |
秋の銀杏は好き。
この間ちょうどしろくまさんの俳句の文章を読んだ。それで、俳句を作りたい気分になった。
昨日作った季語もない単純なものだけど、読んでいただいている皆さん、笑わないでください手書き風シリーズ汗1
秋時雨(あきじぐれ)、金に染められ、銀杏の木
放課後や、黄金(こがね)の梢(こずえ)、月の暈
本当に簡単なもの。。。汗
内容は、雨でキャンパスの銀杏の葉っぱは黄色になった。と、昨日大体午後六時ごろ家に帰った時、通り道も銀杏の木があって、それに、曇りだったので月の暈が見えた。
今日は満月ですよ。雲の流れは速くて、暈も見えてきて、「彩雲追月」の情緒。
たまには、夜空を見上げましょう。♪
DSC03583_convert_20091201205352.jpg

DSC03594_convert_20091201205446.jpg

スポンサーサイト
2009年11月06日 (金) | 編集 |
日比谷公園で菊の展示会?があった。
秋になったねぇ。
中国の詩人は特に菊を好む。代表的なのは―

唐·元稹《菊花》
  秋丛绕舍似陶家,
  遍绕篱边日渐斜。
  不是花中偏爱菊,
  此花开尽更无花。


DSC03333_convert_20091106222108.jpg

DSC03335_convert_20091106222000.jpg

金木犀
2009年10月11日 (日) | 編集 |
学校にはでかい金木犀の木がある。中国原産かぁ。この木の開花は初めて見た。
学校里弥漫着花香,连教室也是。那天开学来学校,我还在纳闷,周围又没有人,哪里来的这么大的香水味。。。猛然回首,才发觉。

金桂又名金木犀,属于我国古老的一个桂花品种之一。
  明代李时珍在《本草纲目》(1578年)一书中记载:“岩桂,俗称 为木犀,其花白者名银桂,黄者名金桂,红者为丹桂。有 秋花者,春花者,四季花者,逐月花者。”
--from百度百科

原来如此。桂花的一种啊。怪不得这么香。



あっ、私が映っている。
DSC03217_convert_20091011122254.jpg


DSC03218_convert_20091011122357.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。